十夜一冊

本を読んで感想を書きます

意識のハードプロブレム

 

なぜ私の意識があるのか、恐怖や喜びや悲しみを感じるこの私はどこから来るのか、たとえば化学反応として私の体と完全に同じ挙動をする物質が用意されたとして、そこにも同様の意識のようなものがあるのだろうか、生体じゃなくてコンピュータ上での脳のエミュレータみたいなものならどうだ、哲学的ゾンビの問題は如何。

 

 

こういう問題のことを意識のハードプロブレム(難問) と呼ぶらしい。

意識のハード・プロブレム - Wikipedia

考案したおじさんも、この問題は普遍的で、意識について考える前提みたいなものだって言ってるし、ぼくもそれには完全に同意するのだけど。

 

現代の脳神経科学の粋を集めて、これら学問がこのまま発展したとしても、意識の問題にはたどり着けない、というのがハードプロブレムの要点なんだと思う。パラダイムシフトが必要なのだ。

 

この問題のもう一つ重要なところは、死ぬのが怖いってところだと思う。意識が消えたり現れたりする理屈がわからないから、説明できないから、怖いのだ。

 

この怖さを回避するための、私が知ってるパラダイム候補は次の通り。今後考えるためのメモというか取っ掛かりとして残しておく。

 

1. 諦める

ブッダというのはすごい人で、認知の切り替えでこの問題を乗り越えてしまったらしい。

彼がいうには、死にたくないとかみんなと別れたくないとか、そういう生きてるうちに湧き出て心を揺らすような、感情の数々を蝋燭の炎に喩えて、これをふっと吹き消すのが安寧に生きるコツだというのだ。涅槃とかニルヴァーナというらしい。

生きていたい理由になるような願いや欲望、恋人や友達かもしれないし、美味しいものが食べたいみたいなのも、ただ願えば苦しいだけの、とるに足らないものだ、というわけ。

普通、空を自由に飛びたいな、とか服を着ずに町に飛び出したいな、みたいな欲望を抱いたとして、これが叶わなくてもそんなに苦しくないわけで、意識の問題とかもただ移り変わる世界の小さな一側面に過ぎない、とるに足らない問題なのさという立場だ。

古典的で結構お気に入りだけど、生きながら死んでいるような、実存から逃げているような、つまらない立場のような気もする。

 

2.不老不死になる

先日の私は、日本酒を飲み過ぎて記憶をとばし、その勢いで恋人に電話をかけて、「貴女が死ぬのがいやだから不老不死の薬を作りたいけど、ぼくにそんな能力がないのは分かってるからいやだ!!!!」とか何とか泣きながら喚き散らしていたらしい。彼女は暫くは生命の危機とかではないので、この懸念、この不安にもは理由や理屈はない。

誰か一人でも永遠に意識を保って生きていくことができれば、この問題はひとまずの解決をみるのだ。あるいは人類はそういう永遠の存在に認められてるというのが福音で救いかもしれない。サムシンググレード。

魂の物質化、時間遡行、平行世界の運営…

 

3. 新しい論理学を立てる

意識というのは、人類の持つ論理体系、悟性、そう言ったものが持つ欠陥や未熟さの生み出したオバケのような気がする、という話。

ゲーデル不完全性定理というのがあって、これは世界で最も誤解されているとか言われている定理で、たぶん僕の解釈も間違ってるのだけど、

ゲーデル 不完全性定理 (岩波文庫)

ゲーデル 不完全性定理 (岩波文庫)

 

私の理解はこうだ。

論理的にものを記述するために、一定のルールで記号を並べる方法を色々考えることが出来る。不完全性定理の主張は、いかなる体系、たとえ一番記号が少ない簡単な記号体系を作ったとしても、どうしても証明できない問題が作れてしまう、という主張らしい。

この、証明できない問題のよくある例が、自分自身の話をする場合なんだそう。クレタ島の人が、「クレタ島人は嘘しか言わない」と言ったとき、その発言は嘘か本当かこんがらがるばかりで答えは出ない。

自己言及をしても問題がないような体系も組めるらしいけど、それはそれで別の問題をはらんでいるとかで…

人類の持つ言葉とか記号列みたいな、考える道具の構造的な欠陥が、自己言及的な自分の意識というものの記述しにくさをもたらし、その記述しにくさがひいては意識自体が神秘性を帯びてしまう原因じゃないかと、ぼくはかなり強く確信している。

不完全性定理の示した限界を突破できる、より強い考える道具を発明すれば、もっと筋のいい意識についての論説ができるはずだ。

不可算濃度の記号列で論証するとか、そういう妄想の話。

 

4. 現象学をやる

現象学というのは、カントとかヘーゲルとかニーチェとか、いわゆる西洋哲学に連なる系譜の極北だ。メルロ=ポンティとか語れると格好いい。

私は読んだことないから知らないし、人にもよるところがあると思うけど、どうやら鬱病に効くケースもあるようだ。すごい。

 

5. 動的平衡を考える

妄想じみたスーパー論理学を始めなくても、生体や生態系を論じるときに時々出てくる、平衡を扱う数学とか持ち出せば解決するのかもしれない。濫用ギリギリのルシャトリエの原理。

生き物とか生態系は、ある種のフィードバック機構を備えていて、自然とあるべき姿に落ち着く。いわんや意識をや。